sweet trance

since 04.18.2004
2004年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2004年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2004年10月
ARCHIVE ≫ 2004年10月
      
≪ 前月 |  2004年10月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

highway xxx

それぞれの道が
それぞれの曲がり方をしている。
僕の道は
僕だけのもので

そして今
途切れている。

さてどうするか。

膝を抱えて落ち込むんではなくて
遠くの方を見つめる事。

ほら見えるでしょ

終わりなき道が。
スポンサーサイト

one way ticket

光で満ちた 僕の遠い希望

今頃 行方は見つからぬ

だから 突っ走って 捜すは僕の

知らぬ未来が お待ちしている

目的地までの チケットは

二人分あります。

僕の意味

たまに本当に想うんだ
僕達はどうして生きてるんだ
どうして呼吸しているの
どうしてがんばろうとするの
結局終わりは来るんだし
最後に辿り着くのはいつも死と名乗られた道なのに。

たまに本当に想うんだ
僕達はどうしてココに居るのか
今何で存在しているのか

僕にも分からない
だけど こんな時間を与えられたには
どっかに意味があるはずだから
1分も無駄にせず 全力尽くして
その意味を見つけていたい
例え その意味は他人にとっちゃクズだとしても
僕にとっちゃすごい大事なもんかもしんない

僕にとっちゃ大事なもんは
君の感情なんです
君と 君と 君も
だから笑ってくれ 僕を見かけたら笑ってくれ
その笑顔のために僕は居るのかもしんない
その笑顔のお陰で僕は歩む事ができてんかもしんない
知らないけど
少なくとも 心ん中は晴れっぱなしだ
その暖かい気持ちを
ずっと抱えていたいさ

飛べない鳥

僕の声は 届いてるのかい?
飛べない鳥よ 見ては行けぬ自由な空よ
願いが叶うなら 一つ羽をくだされ
飛べよ 貴方の心へ 沁みこむよう
深く 深く
誠意を目印に
そんな夢が叶う頃には
僕の歌声もきっと枯れて行く
願いが叶うなら 君の肩を貸してくれ
よりかかる僕は 飛べない鳥よ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。