sweet trance

since 04.18.2004
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 荒れた時期TOP日常 ≫ 荒れた時期

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

荒れた時期

あひるは中3~高1の頃とても荒れてますた。
ええ、そうなんです。

まあ、昔色々あったわけですよ。
それで混乱し始めて
自分のアイデンティティーとはどういうものなのか
考え始めたんだ。



中1ん時はあんなにおりこうだったのに・・・





















kusonoki


「あひるです!中学生です!えへへっへ







しかしあれから嫌な事がいっぱい起きて、

「自分は何のために生きてるんだろう・・・」

と悩み始めた。


毎日悩んで眉毛の間にシワをよせた・・・














そんな小さな悩みが



僕を狂わしたのだ。














そして始まった・・・


混乱と波乱万丈な日々が・・・。


















miman
BGM♪KinkiKats「愛されるより愛したいゼ」





-------------







ハァ・・・

ウチって。


恵まれた環境に居て

友達とかいっぱいいんのによ。



なんだ、このモヤモヤな気持ち?



















fujiki







人は何故死ぬのだろう。





どこ行っちゃうんだろうな。





そういうのって、悲しいわな。







人生って思ったよりうまくいかねーんだな。





最近成績下がってるし


家族に放置されてるし


友達と喧嘩しまくってるし。





嗚呼、全部僕のせいなんだよ・・・

自分嫌いだわ・・・・















僕は酷い自己嫌悪へ落ちた。








そしてある日


考えすぎたせいか





外へ出て叫んだんだ。


















pengin

ぁあ゛あぁぁ゛ぁあああぁぁ゛ぁあ゛あぁぁ゛ぁあああぁぁ゛あああ!!!






















なんか全てがどうでもよくなった。






僕は髪の毛を染めて

眉毛を細くした。

目つきが酷くなった。

毎日機嫌悪くて

時間が過ぎれば過ぎるほど

自分が落ちてくのがわかった。



僕のこの異変に


母親は驚いた。



















shokku22















学校でも口喧嘩多くて



兄弟にいつも声をあげてた。






僕は


ただ大事にされたかった。


そんなはずが



気がつけば他人を下げるようになった。





何でも勝つ事に夢中だった。





















katta22
















学校にもあんまし行かなくなって

行っても、授業の内容わからなかったし

分かろうともしなかった。

そんな僕の態度に

先生たちは呆れてた。



特に呆れたのが、ミスターC。






ミスターC「お前ちゃんとしろよ?

宿題もやらなきゃダメだろう!!

お前は賢いんだぞ。

自覚しろ」





















kinpachi















僕は色々とバカな事をした。




体も心もぼろぼろでした。














そしてある日







一人の友達が泣きながら


僕にこう言った。



















namida


「お前よ!!!!!!!!!!

心配するじゃねええええかああああ!!

頑張らなくていいからよ

ちゃんと前をみようよ!!!

お前ちゃんと夢もあるんだろ?!

うちらがついてるからよ!!!!」















僕は激しく感動した。























gorie3






















そして、僕は、

ある日 空を見ながら

昔の自分を思い出してみたんだ。

















fujiki

「あーあん時友達とバカしたな」

「日本行った時まぢ楽しかったな。やばいw」

「アイツといた時、すげー幸せだったな」









なんだか、

心が少しずつ晴れてきてさ。





ちゃんとしなきゃって思ったんよ。











そして今に至って





僕は元気です。














たまには後ろを向いてもいいけど


足は常に前へ進めとくんだ。













------









キャスト

子供あひる - えのり かずき


中2あひる - 藤気 茂


反抗期あひる - ゴリア


母親 - リアル サザエそん


先生 - 金髪先生



SPECIAL*THANKS

・水族館のおじさん(ペンギン可愛かった)


・さくらもこも


・KinkiKats







-------




ちょwwwおもろく書いてもうたw
人生については詳しくは教えないがな♪るりるり

まあ、そんな時代も誰にもあるわけだb
昔に起こった事ってさ
当時すごい嫌やけど
その当時が過去になると
笑い飛ばせるような話になるんだよね。

まあ、あれだよ。
反抗期マンセー(激謎

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006年03月02日(Thu) 18:03
編集
(感激&感涙)
とても良いお話をどうもでした!
いや、本当感激しましたよ。。。
でも藤木の顔で腹筋が切れかけましたよorz
(全米が涙した(え
2006年03月02日(Thu) 18:06












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。